会社案内COMPANY

会社概要COMPANY PROFILE

会社名 株式会社 丸計
代表者 飯塚政直(会長)
社長 小暮和彦
創業 1959年1月
創立 1965年1月
資本金 3000万円
従業員数 本社工場:80名  
海外工場:160名(2019年1月現在)
取引銀行 群馬銀行、三井住友銀行、
埼玉りそな銀行、商工組合中央金庫
取引先 国内:パナソニック株式会社、サンデン・リテールシステム株式会社、他
海外(タイ):三菱重工サーマルシステムズ合弁会社(MACO社)、他
事業内容 空気調和設備機器用冷媒管の加工、溶接(銅製パイプ)
食品システム機器用冷媒管の加工、溶接(銅製パイプ)

アクセスACCESS

本社

  • 〒370-0535 群馬県邑楽郡大泉町寄木戸940
  • TEL 0276-62-5141(代)
  • FAX 0276-62-7035

第二工場

  • 〒370-0535 群馬県邑楽郡大泉町寄木戸933
  • TEL 0276-62-5141(代)
  • FAX 0276-62-7035

第三工場

  • 〒370-0535 群馬県邑楽郡大泉町寄木戸950-1
  • TEL 0276-63-6151
  • FAX 0276-62-6150

タイ工場

  • MARUKEI INDUSTRY(THAILAND)CO.,LTD.NO.367
    CHALONGKRUNG ROAD ,LATKRABANGINDUSTRIAL
    ESTATE PHASE 3,LAMPLATEIW, ATKRABANG
  • TEL 02-326-0028~9,02-326-0817~8
  • FAX 02-326-0060

沿革COMPANY HISTRY

1959年1月 飯塚計男がパイプ加工を目的とし、丸計工業所を創業
1960年4月 東京三洋電機(株)と取引を開始
1965年1月 資本金400万円の(有)丸計工業所を設立
1966年11月 茨城県古河市の三桜工業(株)と
取引開始
1967年9月 三洋自動販売機(株)と取引開始
1969年8月 大泉町寄木戸940の現在地へ
工場移転
1972年7月 資本金1000万円に増資
1973年2月 三共電器(株)・・・現在のサンデン(株)
と取引開始
1977年10月 資本金1000万円に増資
1986年12月 三洋電機(株)と取引開始
(三洋電機(株)と東京三洋電機(株)合併)
1986年12月 事務所棟新築(含食堂等)
1989年7月 新工場建設(CNCベンダー増設)
1990年2月 資本金3000万円に増資
1990年4月 (有)丸計工業所を(株)丸計に社名変更
1991年2月 マルケイ工業(タイ)株式会社設立
2019年9月 (有)飯塚工業所を吸収合併
2019年10月 第二工場を新設

SDGsへの取り組みMARUKEI × SDGs

SDGsとは、2015年9月、ニューヨーク国連本部において、国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成されており,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

丸計の取り組み

丸計グループは、日本とタイ王国の2工場で生産活動を行っており、エアコンや冷凍庫、冷蔵庫に使われる冷却システム内の冷媒用配管を製作しています。配管は、曲げ加工や溶接加工の後、大手電機メーカーなどに供給してますが、その素材は、創業以来、リサイクルしやすく、熱交換に最適な銅に特化しています。
また、丸計の環境基本理念は「地球環境保全」が経営管理の重要課題の一つであるとしています。
家庭用から業務用まで、国内外で広く使われている我々の製品がより省エネであればあるほど、その課題解決につながると信じ日々の生産活動に取り組んでいます。

我々はSDGsに賛同し、以下の目標を中心として持続可能な開発目標の達成に積極的に取り組んでいきます。

7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • ・営業車をエコカー仕様に順次切り替え
  • ・LED電球を使用
  • ・石油(化石燃料)暖房機の廃止
9 産業と技術革新の基盤を作ろう
  • ・電力デマンド管理
  • ・省エネ設備での生産
15 陸の豊かさも守ろう
  • ・公益財団法人 尾瀬保護財団への寄付先支援