採用情報RECRUIT

持続型100年企業を目指して

丸計創業者の飯塚計男は”創意工夫”することで便利でより良いものをつくりだしました。その中のいくつかは、世の中で役に立つ製品だと胸を張って言うことができます。そして現在も”創意工夫”の考えは引き継がれています。これは、便利で安心・安全に使えるものをバリュー価格で提供するという我社の”ものづくり”の基本にもつながっています。良い製品をつくり、それを多く売って利益を上げる。そこで得た利益は従業員にできるだけ還元する。このシンプルな循環を大切にし、100年先も続いていくような持続型会社を目指します。

  • 社内風景①
  • 社内風景②
  • 社内風景③
  • 社内風景④
  • 社内風景⑤

社員インタビュー

社員:長森さん社員:長森さん

2020年入社
NCベンダー曲げ

長森舜
Nagamori Shun

苦手作業も重点的に練習して、克服していきたいです。

ー丸計に入社したきっかけは何ですか

父親が同じ丸計で働いていたことがきっかけで入社しました。帰宅した後も、仕事のアドバイスをもらったりと、同じ話題を共有できるので楽しさにつながっています。

ー職場や仕事について教えて下さい

主に機械を使用したパイプ曲げを担当しています。図面の寸法通りに作るのが難しく、一人でできるようになるまで約5ヶ月くらいかかりました。

ー今後の目標を教えてください

今は、寸法を出すための計算が苦手だと感じているので、そこを重点的に練習して克服していきたいです。また、配属先ではフレンドリーに接していただける先輩が多いので、いつでも教えてもらえる環境に感謝しつつ、人間関係を大切にしながら働いていきたいです。

社員:木島さん社員:木島さん

2016年入社
溶接担当

木島孔盟
Kijima Koumei

品質を守る最後の砦だという意識を持って仕事と向き合っています。

ー丸計に入社したきっかけは何ですか

先に丸計で働いていた友人の紹介がきっかけで入社しました。また、両親が設計の仕事をしており、製造業を元々身近に感じていたことも理由の一つです。

ー職場や仕事について教えて下さい

主に、曲げ加工等を行った後のパイプを溶接する仕事を担当しています。バーナーを直接手で持って行う仕事なので危険もありますが、やりがいや面白さがあります。
また最近では、溶接だけでなく、完成品の検査や梱包も任されるようになりました。特に検査の仕事は、製品の品質を守るための最後の砦だという意識を持ち、最新の注意を払って行っています。

ー今後の目標を教えてください

私の上司の方々は、本当に親身になって色々教えてくれた記憶があります。
今後、私に部下ができた際は、その上司たち以上に何かを与えられるような上司を目指して頑張っていきたいと思います。

社員:川田さん社員:川田さん

2017年入社
溶接担当

川田一樹
Kawada Kazuki

フレンドリーで明るい職場だから、チャレンジする気持ちが湧いてきます。

ー丸計に入社したきっかけは何ですか

元々丸計で働いていた先輩に声をかけていただいたことがきっかけで入社しました。

ー職場や仕事について教えて下さい

自動溶接機や手ロウ付けなどを担当しています。火を扱うため、夏場は暑いのが難点ですが、冬場は暖かくなってちょうど良いです(笑)
また、職場の人間関係はとても良好だと思います。本当に皆さんフレンドリーで明るい現場になっていると感じます。自分はまだ一番下ですが、皆さん長く務めているのがその証拠じゃないでしょうか。

ー今後の目標を教えてください

溶接の仕事は、まだ始めたばかりで溶接できる種類が少ないので、先輩方の力を借りながら、幅広く仕事ができるようになりたいです。

募集要項

JOB DESCRIPTION

雇用形態
正社員
応募条件
経験者:金属加工業等で製造または、出荷検査等の経験がある方
未経験者:工業高校または職業訓練校等を卒業した方
採用人数
1名
その他
詳しい内容は採用担当までお問い合わせください
電話0276-62-5141 担当 久保田(総務)

お問い合わせ・ご応募はこちら

0276-62-5141